近江牛の通販

投稿者

近江牛はどんな牛?

近江牛は黒毛和種系の銘柄牛です。ちなみに近江牛(滋賀県)をはじめとして、全国には松阪牛(三重県)、神戸牛(兵庫県)、前沢牛(岩手県)、米沢牛(山形県)、仙台牛(宮城県)などの銘柄があり、各地域独特の肥育方法が活かされ、肥育地名などをつけて販売・流通しています。

近江牛は協議会の構成団体の会員によって生産され、滋賀県食肉センターと東京都芝浦食肉センターで4等級以上の格付けされた牛です。その為、霜降りの状態が、3等級の並み以上のやわらかな肉質が実現しています。

滋賀の地元では近江牛生産流通推進協議会が運営されており、近江牛独自の肥育方法とブランドを厳格に守っています。ほか滋賀県の食肉団体で構成された組織によって独自基準の管理運用、商標登録管理、販売先の登録管理がされているものが近江牛と認められています。

近江牛の肉の特徴

近江牛は他の品種と比べて、肉質がやわらかいのが特徴です。筋繊維は細く、脂肪が筋繊維の間に細かく沈着し、霜降り肉を作り出しています。
また、その肉質に細かい脂肪が入り込んだ霜降りによって、筋肉維が少なくやわらかい食感が特徴です。なんといっても上質な脂肪の旨みが近江牛の最大の醍醐味です。

近江牛の価格・予算

日本三大和牛のひとつとして知られる近江牛は、地元・滋賀に有名な老舗・名店をいくつも見つけることができます。ここではステーキから肉のにぎり、すきやきまで多彩なメニューで本場・近江牛を味わうことができます。予算は、たとえば極上ヒレのステーキコース80gで14,000円前後から。お店で食べる場合は契約牧場から一頭一頭を厳選して仕入れている「認定近江牛指定店」を選びましょう。

中には近江牛のハンバーグを1,500円前後で味わえるお店もあります。比較的リーズナブルな銘柄牛で知られる近江牛ですが、大津サービスエリアでは220円で食べられる「近江牛コロッケ」も大人気。近江牛の甘みはコロッケにしても最高の味わいを楽しめます。通販ならヒレステーキ1人前5,000円台から見つけることができます。

高級和牛専門 肉の通販たわら屋

静岡県菊川で和牛焼肉、しゃぶしゃぶすき焼きの専門店を構えるたわら屋。通販では注文が入ってから顧客のニーズに応じたサイズと厚みにカットして鮮度を保ったまま発送しています。取り扱いは松阪牛を筆頭に、黒毛和牛、神戸牛や近江牛など超高級和牛のサーロイン部位のみ。その品質の高さから、特別な人へ贈る和牛ギフト券も人気です。

ブランド和牛の百貨店 肉贈

牛肉通販といえば「肉贈」といわれるほどの有名お取り寄せ専門店。カタログや目録といったギフト対応も手厚く、リピーターが多い人気店です。全国の銘柄牛がズラリと揃い、品質・部位ともに上質にこだわる信頼の高さも魅力。近江牛ジャンルの人気はカタログギフト10,800円。すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉、ステーキ、加工品から1種類を選択できます。ほかにも松阪牛や神戸牛といった日本三大和牛もスタンバイ。注文金額合計5,000円以上で送料無料です。

ローストビーフたわら屋

低温でゆっくり中心まで加熱した高級ローストビーフの専門店。お取り寄せネット・ショップ自信の逸品部門で金賞受賞の実績をもつお店です。注文を受けてから調理しているため、大量生産とはひと味違う、ひとつひとつ丁寧な手仕事が人気の秘密。おもてなし、贈答品として人気がとても高く、部位別に用意しているのも魅力です。近江牛のサーロインローストビーフのほか、黒毛和牛や銘柄牛も豊富に取り揃えています。赤身肉のローストビーフ、程よい霜降り肉など好みの部位にこだわることができるのでおすすめです。合計金額10,800円から送料無料。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

牛肉の豆知識