三田牛の通販

投稿者

三田牛はどんな牛?

兵庫県産の黒毛和種の和牛である但馬牛。そこで生まれた子牛を丹念に育てた後、三田食肉センターにおいて解体処理され、三田肉流通推進協議会の基準に合格した牛肉が三田牛(さんだぎゅう)として市場に出回ります。但馬牛を素牛とするのは、神戸牛と同じです。

遡ること江戸時代。現三田市周辺である旧有馬郡では、米の生産地であったこともあり、農耕・荷役用の牛が肥育されていました。神戸では、開国による神戸港の開港により外国人文化であった食肉が盛んになり、荷役用であった牛を食用にしてみたところ、肥育された三田牛は霜降り肉で美味しいと瞬く間に広まりました。周辺の食肉業者が大挙して買い付けたことから、三大和牛のひとつと言われる神戸ビーフの元祖とも言われています。長年の肥育技術による賜物であるのです。

三田牛の肉の特徴とは?

まず、目を引くのが見事な霜降り具合でしょう。他ブランド牛産地では、大きく育ち、肉をしっかり付ける雄牛が主流の中、三田では体は小ぶりながら、肉の艶やかさと軟らかさを兼ね備えた雌牛中心に、長年培われてきた肥育技術によって安定した質の良い肉を提供することに長けているのです。

三田の自然も、牛の飼育に最適な環境で特に武庫川水系の伏流水は、肉牛肥育に適したミネラル成分を含んでおり、寒暖の差が激しい気候は牛の体を引き締め、上質な肉に仕上げています。

三田牛の価格

では、本題の三田牛を食すにはおいくらなのでしょうか。三宮駅に近い名店は、多くの芸能人がこよなく愛する、明治から続く老舗ステーキ店ではランチ5,000円~、ディナー10,000円~と、案外手の届く価格です。こちらは、ミシュランでもお星様をいただく程の名店です。

三田市のある焼肉店では、お昼のランチが1,000円~2,000円、夕食ディナーが4,000円~5,000円台と、お手頃価格で美味しい三田肉を食すことができます。ご家庭用やご進物用に、通販で購入することも可能です。「切り落とし肉」や、お得な「セット販売」等、通販ならではの取り揃えに感服します。

株式会社 ミート・マイチク

福井県に本社を構えながら、仕入れ担当者が三田食肉畜産公社に直接足を運び、三田牛を一頭丸ごと買い付けており、【雌牛のA4~A5ランク】のみを取り扱っているようです。ステーキ・焼肉・すき焼き・牛丼用切り落としまで、三田牛一頭まるまる食すことができるのです。注文合計10,000円以上で送料無料です。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

牛肉の豆知識