神戸牛の通販

投稿者

神戸牛(こうべうし)はどんな牛?

神戸牛とは、先祖代々兵庫県で生まれ育った純粋な血統を持つ「但馬牛(たじまうし)」をいいます。
県内の指定農家で飼育された神戸牛は、県内で指定されている食肉センターへと出荷されます。神戸牛を名乗るには牛肉になった状態で、霜降り具合、肉質の等級、重量の制限など厳しい基準値をクリアしなくてはなりません。だからこそ最高峰の日本三大和牛の1つとしての信用と信頼は絶大なのです。

黒毛和牛は、全国各地で飼育されている牛です。ですが、「神戸牛」となる「但馬牛(たじまうし)」だけは、他県からの黒和牛との交配は一切させません。血統で牛の味は決まるということで、純粋な血統を代々受け継ぎ厳守され続けてきた伝統ある希少なブランド牛です。

神戸牛の肉の特徴

神戸牛は「但馬牛」の中でも徹底的によりすぐられた品種です。守り抜かれた血統だけがもつ摂氏14℃という脂肪の融点の低さ。そしてきめ細かいサシによる霜降り肉が、舌の上で長い余韻を残します。肉の甘さにコク、そして脂肪に含まれるうまみ成分のオレイン酸の含有量が他の和牛とは比較にならないほど豊富なことから、豊かな甘みをもつのが最大の特徴です。

神戸牛の価格

大正創業の神戸牛の専門店では、プレミアと名の付く「神戸牛」のステーキ用150g前後で6000円程度から提供されています。焼き肉用で100g4000円くらいからが平均的な予算です。家庭用なら、切り落としの並みランクのもので500g3000円くらいから手に入ります。

ギフト用としては最高級のA5ランクの神戸牛となると8000円~50000円の予算になってきます。価格が高めになるとはいえ、近年ではクリスマスディナーや年越しの特別の日の一品用として、またお歳暮など贈答用として圧倒的な人気を誇るブランド和牛です。

但馬牛・三田和牛のミート・マイチク

「食べて旨い肉を売る」をモットーにかかげ、「未経産の雌推」「血統」「脂と肉の質」に徹底的にこだわり、担当者が直接枝肉を買い付けしています。
特にミート・マイチクが力を入れている「三田和牛』は、「神戸牛」「松坂牛」「米沢牛」の素牛となっており『但馬牛」と品質が同等とまで評価されている和牛です。
希少で高価な「但馬牛」とほぼ互角の品質である「三田和牛」はリーズナブルな和牛のブランドとして味わえるところが魅力です。注文金額10, 800円(税込)以上で送料無料です。
他に送料込みの商品も多数取り揃えています。

ブランド和牛の百貨店 肉贈

全国各地の高級和牛のギフト専門店。高級和牛を贈られた人が、お肉を自由に選べる「お肉専門のカタログギフト」が人気です。結婚祝い・出産祝い・内祝いのギフト、また、ゴルフコンペなど様々なイベントの景品としての高級和牛専用の目録ギフトが揃います。高級和牛のギフトに特化した専門店の中で評価が高く、リピーターが非常に多いことでも有名。税込みで合計5,400円以上から送料無料です。

高級和牛専門 肉の通販 たわら屋

世界の最高牛と称賛される「神戸牛」。たわら屋。最高牛の味を最大限に味わってほしいという食材への強いこだわりから、職人は、まず現地に足を何度も運び、その目で牛の状態を見極めます。そして現地のスタッフと詳細なコミュニケーションのもと、和牛の目利きをしっかり極めたものを選んでいます。そんな職人が選んだ「神戸牛」をはじめとする高級ブランド和牛は大切な方へ安心して差し上げることのできる贈答品にぴったり。送料は一律 950円です。

ローストビーフたわら屋

たわら屋のローストビーフは高級和牛の目利きを極めた日本料理の職人が丹精込めて作っています。大量生産ではなく、1つ1つ高級料理店の職人による手法で作られているため高級和牛の利点が最大限に生かされており、ローストビーフの概念が覆ると絶賛されるほど。高級和牛を取り扱う日本料理店が行っている通販だからこそできる、絶品のローストビーフ。クリスマスやお節料理など、特別な日に華を添えるメインデッシュとして贈答用、自家用におすすめです。送料は一律900円です。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

牛肉の豆知識