前沢牛の通販

投稿者

前沢牛はどんな牛?

前沢牛は、肉質日本一と謳う岩手県が誇るブランド牛。岩手ふるさと農業協同組合(JA岩手ふるさと)の登録商標牛です。

前沢牛の定義はとても厳格で、そのすべての条件を満たさないと前沢牛を名乗ることはできません。まず生産者が、岩手県奥羽市前沢区に住所のある個人、法人であること。そして、生産者がその地区で1年以上肥育した牛で、その地区での飼養期間が最長かつ最終飼養地も同じ地域であること。さらに農林水産省の定めた「牛トレーサビリティ制度」によって、個体識別、飼養管理がいつでも確認できるものとされています。

また、牛の種類は黒毛和牛で、出生地が全国和牛登録協会発行の子牛登記証か、それに準じる証明証によって、出生を確認できる牛であること。そして、日本食肉格付協会枝肉取引規格にて、肉質等級が「4」以上、歩留等級が「A」か「B」に格付される必要があります。
さらに、JA岩手ふるさとを経由して販売されている肉に限られます。

前沢牛の肉の特徴とは

厳格な基準をクリアして消費者に届く前沢牛は、「極上品」「味の芸術品」と評されています。
肉質はとても柔らかで、風味が抜群。きめ細かで上質な脂の霜降り肉は、脂のしつこさもなく、食感も滑らかです。口に入れるととろけるようで、甘みがあります。

ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなどとしての味の良さはもちろんのこと、その肉質や味がマグロの大トロに似ていることから、握り寿司も人気となっています。本州でも有数の米どころである岩手県の豊かな稲藁を肥料に、手間をかけて飼養している牛のため、その良質な霜降り肉となるのです。

前沢牛の予算は?

地元前沢周辺の人気店での目安は、200gのステーキが8,000円〜14,
000円ほど。しゃぶしゃぶコース、すき焼きコースが140g7,000円〜10,000円ほどで提供されています。比較的リーズナブルな人気メニューに関しては、前沢牛の炙りにぎり寿しが2貫800円ほど。前沢牛ステーキ丼が3500円ほどで食べることができます。

また、通販を利用した場合、200gのステーキ肉が3,000円台から購入できるお店もあります。
通販では、ギフトに力を入れているお店も多く、自分や家族への贈り物、父の日や母の日、お中元やお歳暮、または豪華な景品としてなど、あらゆる場面で利用されています。

「ブランド和牛の百貨店 肉贈」

「肉贈」は、ブランド和牛の百貨店です。松坂牛、前沢牛、近江牛、米沢牛、宮崎牛、但馬牛、佐賀牛など全国各地の15種類以上のブランド牛を扱っています。取り扱う肉の部位も20種類以上で、他店ではなかなか入手しにくい希少部位も多数取り扱っているのも特長です。

また「肉贈」では、安心安全な和牛を日本中、世界中に届けるというポリシーを持ち、ブランド牛の地位向上を目指しています。そのために、単に有名な和牛を安く美味しく流通させるのではありません。自ら現地に赴き、実際に目や舌で厳選したこだわりの肉を仕入れています。

同時に、「肉を贈る」という店の名前の表す通り、用途別のギフトに力を入れ、贈る側送られる側が喜ぶ商品を提案しています。提案するギフトの種類も豊富で、リピーターが多いのも納得です。注文金額合計 5,000 円以上で送料無料です。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

牛肉の豆知識