三田牛(兵庫県)ブランド牛の紹介

ブランド牛は、産地や血統、枝肉の格付け、飼育法などの基準を満たしたもので、銘柄牛とも呼ばれます。神戸牛、松阪牛は高級ブランド牛として知られていますが、これらと同じ但馬牛を素牛とするのが三田牛です。

三田は四方を山に囲まれ、南北に流れる武庫川が多くの支流を有する肥沃な土地で、三田米を始め、多くの農産物を実らせてきました。かつては、年貢米を牛に背負わせて上納しており、その際、太った牛を連れていくと、農業の宝である牛を大切にしてるとされて、藩主からご褒美がもらえました。そのため、牛を肥満させる技術の高さについては、江戸時代から定評がありました。

神戸港が開港されて、外国人による食肉の需要の高まりとともに、三田の牛の味は評判となって、肉牛として有名になりました。

現在、三田牛と呼ばれるのは、三田肉流通振興協議会の基準に合格した牛だけで、但馬牛を素牛として、三田市内生産者・会指定の生産者が長期間飼育した牛に限られます。

生産農家では、1頭1頭に愛情を持ち、大切に育てています。暑さに弱い牛のために、夏は扇風機で風を送って温度調節をし、四季それぞれの風の流れに合わせて換気を行い、常にきれいな空気を吸えるようにしています。ミネラルを多く含む武庫川水系の伏流水は牛の肥育に適した水で、牛も他の水は飲まないほど好んでいます。恵まれた自然に加え、愛情を持って接することで、牛はストレスを感じずに成長することができるのです。

飼育された牛は、地元の三田食肉センターで食肉処理され、BSE検査と三田肉流通振興協議会の厳しい基準に合格したものが三田牛として市場に流通します。三田肉は、三田肉流通振興協議会指定の販売店と飲食店でのみ取り扱っています。

多くのコンテストで受賞した歴史のあるブランド牛である三田牛は、見事な霜降りが特徴で、柔らかくて繊細な舌触りと濃厚なうま味で常に最高の評価を得ています。ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶを始め、さまざまな肉料理でおいしく食することができます。

コメントは受け付けていません。