ホルモンの通販おすすめランキング

ホルモンで人気の部位は?

ホルモン

ホルモンとは内臓のことを指しています。ホルモンとは内臓全般のことを指していることもありますが、それぞれの内臓に別々の名前があります。

タン

タンとは舌のことです。独特な食感と程良い歯ごたえがあり、脂が少ないためさっぱりとした味わいを楽しめます。他の部位に比べて比較的脂は少なめですが、根元の方になればなるほど脂は多くなります。

カシラ

カシラとはこめかみと頬の部分のことです。こめかみや頬はよく動かす部位であるため、その分肉の旨味は強いものが多いです。脂が多く、食感もやわらかいです。

ネクタイ

ネクタイとは食道のことでノドスジとも呼ばれます。内臓系には脂が多いものも少なくなく、その分カロリーも高いものが多いです。ただ、ネクタイは脂が少ない分カロリーもそう高くありません。見た目や味はロースやカルビなどの赤身肉にとても似ていて、内臓系でありながら赤身肉のように軽く食べることができます。

ウルテ

ウルテとは気管の軟骨のことであっさりとした味わいを持っています。牛ホルモンの中でももっとも硬いと言われている部位です。そのままでは食べにくいため、焼肉店などでは下処理の段階で切り込みを入れて提供されることが多いです。

レバー

レバーとは肝臓のことを指し、ご存知の方も多いかと思われます。レバーは内臓系でもっとも生々しい見た目を持っていて避けられがちですが、鉄分をはじめとした栄養素が豊富に含まれているんです。

コリコリ

コリコリとは大動脈のことでハツモトとも呼ばれます。心臓の付け根にある大動脈であるため、一頭から取れる量が少ない希少部位の一つです。肉のわりに淡白な味を持っていて脂も比較的多いです。

脂が多い肉はやわらかいものが多いですが、コリコリは脂が多いにも関わらずコリコリとした食感を楽しめます。コリコリとした食感を持ちながらも歯切れが良く噛み切りやすいため、コリコリとした食感を持つ内臓系の中でも比較的食べやすい部位です。

ハツ

お次はハツ、これは心臓のことです。内臓系の肉は見た目が生々しく、味にクセのあるものも多いですよね。ハツも見た目こそ生々しいものの、内臓系特有の味のクセがあまりありません。その上、旨味が詰まっていて弾力ある肉々しさを楽しむことができます。焼肉店などでは取り扱っていないお店も少なくない赤コリ、これは心臓弁のことです。多過ぎず少な過ぎず程良い量の脂が乗っていて、肉では珍しいシャキシャキとした食感や歯触りを楽しんで食べられる部位です。

シビレ

シビレとは膵臓や胸腺のことです。先程も説明した通り、やわらかい肉というのは脂が多いものが多いです。ただ、シビレはコリコリと違って食感はやわらかいのに脂は少ないです。味はフォアグラに似ているとも言われるほどにクリーミーです。

サガリ

サガリとは横隔膜から垂れ下がった部分のことで希少部位の一つです。一頭から1kgほどしか採れないと言われています。見た目と味の両方がロースやカルビなどの赤身肉と似ているため勘違いされがちですが、サガリはれっきとした内臓系です。やわらかい食感が特徴の肉です。サガリは見た目も味も赤身肉に似ているため内臓系が苦手な方でも食べやすく、さっぱりした味でカロリーも低いことから焼肉などに行ってもカロリーが気になる方に人気です。

ハラミ

ハラミとは横隔膜の外側の部分です。これも味がロースやカルビなどの赤身肉に似ています。内臓系は味が特徴的なものが多いため、普通の肉感覚で食べられる珍しい内臓系の一つです。サガリとは反対に甘味ある味わいで噛むことで肉の旨味を溢れさせることができます。カロリーが低くさっぱりした味わいのサガリに対し、カロリーが低いにも関わらず肉特有の濃厚な味わいを楽しめるのがハラミです。

ヤン

ヤンはハチノスとセンマイを繋いでいる部位で一頭から80gほどしか取れない最上級の希少部位です。食感はコリコリとしていてあっさりとした味わいを持っています。味もハチノスとセンマイの中間のような味であるため、ハチノスだと淡白過ぎるけどセンマイだとさっぱり過ぎるという方は食べやすい部位です。

マメ

マメとは腎臓のことです。そら豆に似た形が特徴です。内臓系はそもそも好みが分かれますが、その中ただ、レバーのように内臓系が好きな方でも好みが分かれる部位があります。マメも好みが分かれる部位の一つで独特な香りを持っています。

ホルモン

一般的に焼肉店で見るようなホルモン。あれは小腸のことです。旨味と甘味が凝縮されていますが、その分脂が多いため胃がもたれてしまわないように気を付けたいところです。

上ホルモン

上ホルモン、これは大腸のことです。小腸であるホルモンよりは脂が少ない傾向にあり、ホルモンだと重すぎる方でも食べやすいのが上ホルモンです。一般的に家庭で作るモツ鍋やお祭りの屋台で提供されているようなモツ煮込み、ああいった物に用いられているモツは直腸のことでテッポウと呼ばれます。

テッポウ

テッポウは肉が厚く、ホルモンや上ホルモンに比べて硬めです。内臓系の中でも脂が少ない部位に分類されますが、コクが深い濃厚な味わいを持っています。

コブクロ

コブクロとは子宮のことです。内臓系が苦手な方はあの内臓系特有の見た目の生々しさが苦手だという方も多いのではないでしょうか。コブクロも乳白色で生の見た目は内臓そのものですが、焼くことで縮むため焼いてしまいさえすれば見た目はあまり気になりません。コリコリとした食感を持っていますが、コリコリよりは食感が少しやわらかいです。

内臓系には、歯切れの悪い部位もある中でコブクロは歯切れのいい部位に分類されます。味もクセが少なく、歯切れの良さも重ねて内臓系の中でも食べやすい部位であるとされています。

テール

テールとは尻尾のことです。ウルテほどではありませんが内臓系の中でも硬い部位に分類され、旨味が凝縮されています。

牛の胃袋はいくつあるの?

牛には胃が4つあるのをご存知でしょうか。それぞれをミノ、ハチノス、センマイ、ギアラと呼び、そしてハチノスとセンマイを繋ぐ役割を果たしている部位をヤンと呼びます。ミノは第一の胃でクセが少ない淡白な味わいを持っています。弾力性があるため噛みごたえはありますが、よく噛んで食べましょう。

ミノ

また、ミノとは別に上ミノという部位があります。分類的にはミノですが、上ミノはミノの中央部分のことです。通常のミノより肉厚なため食べごたえがあります。

ハチノス

ハチノスは第二の胃で蜂の巣のような見た目をしています。焼肉店などで提供されるハチノスは下処理をする際に一度茹でられているため、食感が比較的やわらかいのが特徴です。淡白な味わいであっさりとしているため、味の濃いタレとの相性が抜群です。

センマイ

センマイは第三の胃で内臓系の中でもさっぱりとした味わいでコリコリとした食感が特徴の肉です。白センマイとはセンマイを湯むきしたもののことです。

ギアラ

ギアラは第四の胃で赤センマイとも呼ばれていて、脂の旨味と甘味があります。焼肉などでは食べ頃になるとぷっくり膨らむため、焼き加減の調整がしやすいです。

ホルモンの美味しい食べ方

ホルモンと呼ばれる内臓にはさまざまな種類があることを説明しましたが、種類によっては焼く際の焼き方や食べ方も違うんです。

牛肉の串焼きというのはこのカシラを用いているものが多いです。脂も多い上にやわらかいため、串焼きなどのように串などに刺す場合も刺しやすいのです。心臓であるハツは火を通し過ぎると固くなってしまうため、炙るようにして焼くのがいいと言われています。なお、新鮮なハツは加熱せずにお刺身として食べることもできます。

レバーは好みが大きく分かれますよね。嫌いな方は「もそもそする」「パサパサする」といった印象を抱いている方が多いのではないでしょうか。実はレバーはそんなに、もそもそパサパサするようなものではありません。火を通し過ぎるとハツ同様に固くなってしまい、もそもそパサパサした食感が目立ってしまうんです。

レバーを焼く際はいつか焼けるだろうと放置せずに焼き加減を見ながら焼くようにしましょう。また、レバーは焼肉やレバニラ炒めなどの炒め物はもちろんのこと、レバーペーストなどペースト状にしても美味しく味わえます。

肉は基本的によく焼かないといけないといったイメージが強いですよね。特に内臓系の肉は外側の肉に比べて金が多いため、菌を殺すためにもよく焼かなければならないとされています。ただシビレは少し特別であらかた火が通っていれば焼き加減は自由で構わないため、よく焼いて固めの食感を楽しんだり焼き加減を甘めにしてやわらかさを残すこともできます。

ハチノスは蜂の巣のような見た目の面から焼くようにしましょう。蜂の巣のような見た目の面をじっくりとカリッと焼き上げ、反対の面を炙るようにさっと焼き上げるのがポイントです。センマイは肉のわりに味わいがさっぱりとしているため、味の濃いものの箸休めに役立ちます。

また、ごま油や酢味噌などをつければセンマイ刺しにできたりと焼肉以外の食べ方もあります。ギアラは食べ頃になるとぷっくり膨らみますが、それによってやわらかいながらも歯ごたえがあって濃厚な味わいになります。

一般的にホルモンと呼ばれる小腸と上ホルモンと呼ばれる大腸は脂の面から焼いてしまうと脂が溶け切ってしまうため、皮の面か焼くようにしましょう。脂の面は焼くのではなく、温めるといった感覚で軽く焼くと濃厚な脂を味わえます。

小腸であるホルモンは脂が多い分火が通りやすいため、焼き加減には注意して軽めに焼くようにしましょう。ただ、大腸である上ホルモンはホルモンに比べて脂が少ないため、 よりはしっかりと焼きましょう。ホルモンや上ホルモンは焼肉だけでなく、照り焼きや串焼きなどでも用いることができます。また、直腸はモツ鍋やモツ煮込みなどの煮込み料理に用いることが多いです。

コブクロはコリコリとしているため食感は基本的に硬めですが、焼くとやわらかくなるため硬さを確かめながら焼くようにしましょう。

テールは焼肉のように焼いても食べられますが、テールは煮込むとやわらかくなってホロホロとした食感になるため、スープやシチューなどの煮込み料理に用いることが多いです。
テールを用いた煮込み料理は硬いテールを長時間煮込むことでやわらかくしながら肉に凝縮された旨味を溶け出させることができるんです。

ホルモンの予算・価格は?

牛肉の価格というのはピンからキリです。牛肉となれば豚肉や鶏肉よりは価格が高いですが、輸入品であれば小分けにして販売しているものも多く、国産品に比べて比較的安価で手に入れることができます。スーパーで販売されているホルモンは基本的にすべて輸入品です。

ただ、自宅で焼肉をする際などそれなりにお肉の量が欲しい場合はスーパーで購入するとお肉の大きさもそう大きくないにも関わらず結構値が張ってしまいます。普段の料理でちょっと使いたい程度ならスーパーで小分けになっている牛肉パックを購入すればわざわざ通販などで注文して届くのを待つ手間も保存に困ることもありませんが、焼肉などでさまざまな種類の肉が欲しかったり、そこそこの量が欲しい場合は通販がお得です。

焼肉セットなどのセット販売であればミックスホルモンが300gで税込3,200円で購入できます。300gで3,200円であればスーパーで販売している輸入品ホルモンの方が安いのではないかと思う方もいると思われますが、下記で紹介するような牛肉専門店では安全に食べられる新鮮な牛肉を提供しています。

価格はスーパーで販売されている輸入品のホルモンより高めですが、スーパーで販売されている輸入品のホルモンに比べて安全性が高く、肉厚でホルモン本来の味を楽しむことができます。

特選松阪牛専門店やまと

特選松阪牛専門店やまとは高級和牛である松阪牛を専門にさまざまな部位を取り扱っている和牛専門です。また、特選松阪牛専門店やまとが提供している牛肉はA5等級の牛肉のみでとても良質な牛肉を提供しています。モツ鍋だけではなく、焼肉やすき焼き、しゃぶしゃぶ用など用途に合わせて肉を選ぶことができます。注文金額合計5,000円以上で送料無料です。

株式会社ミート・マイチク

株式会社ミート・マイチクは但馬牛と三田和牛を専門に取り扱っています。ホルモンなど内臓系の肉はもちろんのこと、サーロインやリブロースなどの赤身肉も取り扱っています。ローストビーフや牛すじ、レトルトパックのカレーなど加工品も数多く取り揃えています。注文金額合計10,800円以上で送料無料です。

ブランド和牛の百貨店 肉贈

松阪牛や神戸牛、米沢牛や近江牛、宮崎牛や但馬牛肉などさまざまなブランド和牛を取り扱っているブランド和牛の専門店です。肉贈では生ホルモンは直接販売しておらず、カタログギフトを購入することで注文することができます。ただ、焼肉用として250g~300gのタンが税込15,000円で販売されています。

ハート型の赤身ももステーキ、すき焼きと焼肉の両方が楽しめるすき焼き焼肉セットなど他店では見られないようなちょっと贅沢な商品も扱っています。注文金額合計5,000円以上で送料無料です。

限会社 肉のさかの

米沢牛を専門に取り扱っていて、来場者が75万人を突破している知る人ぞ知る名店なんです。ホルモンは単品での販売ではなく、焼肉セットでの販売となります。セット内容にホルモンが含まれるのはスタミナカルビセット、スタミナ上カルビセット、スタミナロースセット、スタミナ上ロースセットの4つです。

内臓系は小腸であるホルモン、大腸である上ホルモン、心臓であるハツ、肝臓であるレバー、牛の胃の一つであるセンマイの5種類から1種類選べます。注文金額合計10,000円以上で送料無料です。

コメントは受け付けていません。